適性家賃とは?

適性家賃とは?

家賃に困ったということで、少額融資を希望するようなことは結構多いのですが、
これからアパートを借りようとしている人、引っ越しを考えている人に適正な家賃について考えてみましょう。

 

やはり、地方に比べると都心部は家賃も高めではあります。
同じ家賃と思っていると、部屋のレベルがかなり低くなったり、不便な場所だったりします。
その辺りの調整が難しいと言えるでしょう。

 

では、適性家賃についてですが、手取り給与の25%までがいいと言われています。
20万円ですと、5万円ということになります。
しかし、その額にとらわれているとアパートを借りることが難しい場合もありますね。
そのような場合は、他の費用を節約することで乗り切るしかないでしょう。
光熱費や通信費、このようなものは日々掛かってくるものですから上手に節約したいものです。
また、本来は付き合いたくないような飲み会や食事会についても、参加するかどうかよく考えてみるのもいいでしょう。
それが、自分にとって意味のある人間関係なのか、そうでないのかは自分が一番よく分かっているはず。
どうしても断れないのであれば、2回に1回参加するくらいにするといいでしょう。
節約をする際には、生活を改めるくらいの考えでないと達成はできないでしょう。